チートや不正に対するSharkmobの考え

重大な違反行為です!

Sharkmobはチートや不正について非常に重く受け止め、対処します。

弊社では、全ての報告に対し対処する専属のチームがいます。また、アンチチートソフトは新しいチートに対し、常に学習し適応しています。

ゲームを楽しむことはSharkmobの根本的な信念であり、弊社の全てのゲームを通してそれが実現してほしいと考えております。
プレイヤー全員に楽しんでもらうためには、安全なコミュニティと公平なゲームプレイが保証されていなければなりません。

従い、弊社はチートや他者を害する行為については一切許容しません。
以下にて、現在弊社で違反と考えている行為について記します。

チート:

Bloodhuntでチートとみなされる行為について
ガイドラインとして以下にリストを記載し、簡単な概要としてご参照ください。ただし、リストは以下に記すものに限られません。記されていないものについても、チートは違法であることに変わりはありません。

  • 第三者パーティのソフトを使用した不正行為
    • エイムボットやトリガーボット
    • 意図的にラグを作る/ラグスイッチ
    • ワールドハッキング
    • 壁透けチート
  • チーミング/秘密同盟
    • 各自がマッチングする中で、別のプレイヤーまたはグループと秘密裏にチームや同盟を組み、マッチング内で協力してその他のプレイヤーを倒す。
  • 連打ツール
    • コントローラやキーボードを改造し、基準より速い射撃を可能にすることによる不正。
  • バグやエクスプロイトの濫用
    • 意図的にバグやエクスプロイトを濫用した不正。
      • 例えば、レッドガスによりダメージを受けないバグが存在するとし、ゲームが終わるまでレッドガスの中に留まった場合、バグの濫用に該当します。

不正行為:

  • ゴースティング
    • ストリーマーの配信を見てゲーム内の居場所を特定、同じロビーに接続し、配信者を倒す。
  • 暴言
    • 不適切なユーザー名、攻撃的な悪態語、その他の不快な言葉、チャットルームでのスパム行為、下品、失礼であったり、文化的な中傷行為、これらに類似したルール違反。

 

このような違反行為をしたプレイヤーを報告する方法について

3つのステップに分けたガイドラインを作成しました。

  • 報告する前に
  • 報告の作成
  • 報告に含めるべき内容

ガイドラインはこちら:他のプレイヤーを報告するには

BANされましたが、不正を行っていません。異議申し立てをすることはできますか。

完璧なプロセスが存在しないように、アンチチートソフトにより誤検知されてしまう、または、報告を慎重に検証しても尚サポートチームにより誤った判断が下ってしまうケースがあるかもしれません。

この様な場合は、サポートチームまで、BANに対する異議申し立てをしていただくようお願いします。

確実な申し立てをするために、可能な限りの多くの証拠を提出していただき、不正がなかったことの証明ができるようお願いしております。

BANに対する異議の申し立ての仕方、及び、どのような情報を含めるべきかについては、こちらをご参照ください:
アカウントがBANされました

 

 

この記事は役に立ちましたか?
11人中9人がこの記事が役に立ったと言っています